スマホ料金が激安!auの法人向けプランがお得な3つの理由

法人携帯としてauのスマホを活用しているみなさん、「このままauを使い続けて良いの?」と悩んではいませんか?確かに、法人携帯に代表される通信費は経費として大きく、どこの企業でも削減に力を尽くしています。

結論として、法人携帯を大手キャリア3社(au・ドコモ・ソフトバンク)から選ぶならauのスマホはお得!と言えます。ただ、いくらここで「auのスマホがお得ですよ」と主張しても「本当に?」と疑いしかないと思います。

そこで、今回は法人携帯としてauのスマホがお得!な理由についてご紹介します。その上で、auのスマホの料金についても徹底的に解説するのでぜひ参考にしてみてください。

 

1.キャリアを選ぶ3つの条件

そもそも、みなさんは何を基準にauのスマホを選びましたか?法人携帯を導入する際には、au・ドコモ・ソフトバンクのいわゆる「大手キャリア3社」を比較してどこがよりお得!なのかを考えたはずです。

反対に、比較した基準さえ分かればみなさんが何を重視してキャリアを選んだのか分かります。その上で現状を見直すことで、auの良いところ・悪いところはもちろん料金についても正しく把握できるでしょう。

スマホ料金が激安!auの法人向けプランがお得な3つの理由

1位:月額料金

キャリアを選ぶ基準として第1位は「月額料金」です。通話料金やデータ料金に関係なく月額料金は発生します。例えば、月額料金が3,000円/回線ほどで10台のスマホを契約すると30,000円/月の料金です。

このように経費として必ず発生するからこそ、月額料金をいかに抑えられるかはキャリア選びの大きなポイントとなる訳です。おそらく、みなさんの中にもauを選んだ理由の1つが「月額料金がお得!だったから」という方も多いと思います。

2位:通信状況

キャリアを選ぶ基準として第2位は「通信状況」です。auを始めとする大手キャリアは全国各地に独自の基地局を設置しています。この基地局の数や配置によって微妙な違いですが通信状況に差が生まれます。

例えば、キャリアAは都心部・キャリアBは地方での通信に強いなどです。大事な商談中に通信が途切れた、なんてことになるのは問題です。みなさんの中にも「安心して通信したい」とauを選んだ方もいることでしょう。

3位:セキュリティ対策

キャリアを選ぶ基準として第3位は「セキュリティ対策」です。法人携帯の中でもスマホの中には顧客情報・会議資料・パスワードなど業務上の機密情報が数多く記録されています。仮に、漏洩させれば大問題です。

当然、大手キャリアではスマホ向けに様々なセキュリティ対策を提供しています。セキュリティの甘いキャリアを選んで情報漏洩、そんな恐ろしい事態を避けるためにも「キャリアはセキュリティ重視」と選んだ方はいるはずです。

 

2.auのスマホがお得!な理由

月額料金・通話状況・セキュリティ対策と、一般的に法人携帯としてキャリアを選ぶ基準をご紹介しました。当然、キャリア側もみなさんがお得!と感じられるプラン設計のためにこれら3つには特に力を入れているはずです。

では、実際にauのスマホ向けの法人プランはどうなのか?冒頭で紹介した通り、法人携帯としてauはおすすめです。そんなついお得!と感じてしまうauのプランについて、先ほどの3つの基準を照らし合わせながら見ていきましょう。

スマホ料金が激安!auの法人向けプランがお得な3つの理由

①割引サービスが豊富

正直、大手キャリア3社を比較するとスマホ向けの月額料金にはそれほど大きな差はありません。ただ、そこからの割引サービスには各社ごとに条件・割引額に差があり、中でもauは割引サービスが豊富です。

例えば、「2年契約(誰でも割)」は2年契約を条件に基本料金が最大50%も割引されます。また、「ビジネス通話定額」はグループ間の通話を24時間無料!になるなど、auには20種類以上の割引サービスがあります。

②プラチナバンドで快適

ビル群・新幹線の車内・地方など、大手キャリアだとしても場所によって繋がりにくい場所はあります。その点、auのスマホでは人口カバー率がおよそ99%の「800MHzプラチナバンド」が利用可能です。

プラチナバンドとはau独自の通信帯域のことで、従来であれば電波がぶつかって途切れていたビル群でも回り込む・すり抜けられます。また、800MHzの広帯域を利用しているのでより遠くに電波が届く訳です。

③独自の管理サービス

月額料金・通信状況などからキャリアを選んだものの、スマホの安全な管理・運営に悩まされている方は多いと思います。であれば、auが法人向けとして提供している「KDDI Smart Mobile Safety Manager」の出番です。

この管理サービスでは、管理画面上よりスマホの遠隔ロック・データ消去が可能です。その上、スマホの利用履歴(ログ)の確認やアプリの同時配布など、法人携帯全体として同じレベルのセキュリティ対策ができます。

 

3.auのスマホ向けプランを徹底解説!

キャリアを選ぶ基準の1〜3位に照らし合わせてみて、auはお得!であることはご理解いただけたと思います。ただ、いくら割引サービスが充実しても月額料金が高いのではあまり意味がありません。

auではスマホ向けの料金プランとして主に2種類、スーパーカケホ/スーパーカケホ(V)・LTEプラン/LTEプラン(V)が提供されています。では、早速ですが各料金プランを徹底解説しましょう。

スマホ料金が激安!auの法人向けプランがお得な3つの理由

①ネット利用者向けの「スーパーカケホ/スーパーカケホ(V)」

ネット利用が中心であれば「スーパーカケホ/スーパーカケホ(V)」にデータプラン「データ定額20(20GB)」、ネット接続サービス「LTE NET」に割引サービス「スマートバリュー for Business」の組み合わせがおすすめです。

5分以内/回の国内通話であれば24時間無料!となるので社員間はもちろんのこと、取引先とのちょっとした連絡に最適です。その上、高速データ通信が20GBも付いてくるので調べ物・データ共有などに活用できます。

基本料金(1,700円/月)にデータ料金(6,000円/月)とネット接続料金(300円/月)の合計額は8,000円/月ですが、割引サービス分(1,410円/月)が割引されるので最大2年間は6,590円/月からです。

②社員間通話向けの「LTEプラン/LTEプラン(V)」

社員間での連絡手段としてであれば「LTEプラン/LTEプラン(V)」にデータプラン「LTEフラット/LTEフラット(V)」、ネット接続サービス「LTE NET」に割引サービス「スマートバリュー for Business」の組み合わせが良いでしょう。

au同士の国内通話が朝1時から夕方21時の間は無料!となるので社員間の連絡手段としておすすめです。また、高速データ通信は付いてこないもののインターネット定額プランなのでちょっとした調べ物にも使えます。

基本料金(934円/月)にデータ料金(5,700円/月)とネット接続料金(300円/月)の合計額は6,934円/月ですが、割引サービス分(1,410円/月)が割引されるので最大2年間は5,524円/月からです。

4.auのスマホがビジネスをより便利に!

月額料金とは基本料金・データ料金・ネット接続料金などの合計額です。そう考えるとauのスマホ向けプランは割引サービスはあるものの少し割高な印象を受けます。月額料金が6,000円前後/台なのですから当然です。

ただ、auには割引サービスはもちろんプラチナバンド・管理サービスなどのお得!なサービスがあります。その上、auのスマホにはビジネスをより便利!にするサービスも数多く提供されており、月額料金が気にならないほどお得!です。

スマホ料金が激安!auの法人向けプランがお得な3つの理由

①ビジネスメールアドレス

auのキャリアメール(@ezweb.ne.jp)に「会社名」を入れられるサービスです。例えば、社名が「スマホ(sumaho)商事」だとすると「@sumaho.biz.ezweb.ne.jp」のようなメールアドレスを利用できます。

面識のある取引先ならまだしも、初めての相手にメールを送ると「この人誰?」と警戒されていしまいます。その点、スマホからでも社名の分かるメールアドレスなので、相手を混乱させることなくやり取りできて安心です。

②グループウエア

クラウド上でスケジュールやファイルなどの情報のやり取りやチャットができるパッケージサービスです。

・G Suite Business (TM)…無制限のクラウドサーバー上にほぼ全てのファイルを記録・閲覧できる
・G Suite Basic (TM)…Gメール・カレンダー・グーグルドキュメントなどを一括して管理できる
・Office 365 with KDDI…「Microsoft Office」に加えて様々なコミュニケーションツールが使える

取引先で「この資料ないの?」と聞かれた際、手元に資料がないのでは困ります。そんな時、このサービスであればスマホ・タブレット・パソコンに関係なくクラウド上からいつでも情報を取り出せるので効率的です。

③LINE WORKS with KDDI

無料通話アプリ「LINE」と互換性のあるビジネスチャットです。LINEが唯一認めているビジネスチャットとあって、パスワードの設定・履歴の出力・ファイルのダウンロード設定などビジネス向きのセキュリティ対策が施されています。

さらに、「KDDI Business ID」を使用することで他のクラウドサービスとIDを共通して管理できます。当然、LINEならではのスタンプ(ビジネス向け)も数多く提供されているので、社員同士のコミュニケーションツールとしても最適です。

 

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、法人携帯としてすでにauのスマホを導入している方を対象にお話を進めてきました。結論からして、auは月額料金は割高なものの割引サービス・通信状況・セキュリティ対策と十分にお得!です。

さらに、auにはスマホ向けにビジネスメールアドレス・グループウエア・LINE WORKS with KDDなどビジネスをより便利にしてくれるサービスが数多く提供されています。むしろ月額料金以上にお得!なキャリアと言えるでしょう。

ぜひ、現在の料金プランなどを見直し、auのままでいるべきか他キャリアに乗り換えるべきかを検討してみてください。

スマホ料金が激安!auの法人向けプランがお得な3つの理由

関連記事